病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  レーシックとイントラレーシック
  安全性について
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

合併症

レーシックやイントラレーシックには合併症が伴うことが多いのも事実です。
合併症のおもな原因は、フラップ作成時におこると言われています。
フラップにしわがよってしまったり、がたつきが出た場合におこりやすいのです。
この点からもイントラレーシックでは合併症が少ないであろうことは想像できますね。
また、レーシックにはつきものの合併症、ドライアイもイントラレーシックでは起こりにくいそうです。
レーシックで涙腺を傷つけてしまうことがドライアイの原因でしたが、
イントラレーシックではその危険が減っているということです。
しかし、こちらも個人差がありますから、どちらの手術でもドライアイ発症後は処方された目薬をさして、
必要以上に目を酷使しないでくださいね。




目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求