病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  レーシックとイントラレーシック
  安全性について
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

回復率

視力の回復率はレーシック、イントラレーシックで数字の上では数%の違いです。ただし、
イントラレーシックの場合0.7以上に回復している確率が高いのですが、
レーシックの場合では0.5までの回復しかしていない人もいるというのが現状です。
もちろん、強度の近視の場合は確実にイントラレーシックの方がかなりいい視力になることができるでしょう。
また、角膜そのものの回復率となるとレーシックの方がいいとされています。
マキシマレーザーを使用したイントラレーシックの場合は、フラップの癒着に時間がかかってしまうのです。
ただし、イントラレーシックの方が、角膜の断面が綺麗でしわにもなりにくいため、癒着後の視界はとてもクリアです。




目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求