病院選び7つのポイント
目的で探す
レーシックの種類
イントラレーシック
レーシック
ラセック
エピレーシック
フェイキックIOL
  レーシックとイントラレーシック
  安全性について
  人気のクリニック
  リンク集
  基本メニュー

感染症

レーシック全体の印象を悪くした銀座での感染症事件ですが、
通常のクリニックであれば院内の衛生管理がずさんであるということはまずありえません。
レーシックの感染症は手術そのものや、クリニックでの感染という可能性はずっとすくないんです。
問題視されているのは術後の管理不足。痛みも少なく、
視力の回復もすぐに実感できるレーシックでは患者本人が手術をしたという意識に乏しくなりがちです。
うっかりいつもと同じ目薬をさしてしまったり、女性の場合はアイメイクをしてしまうことが多いようです。
目薬は普段から点眼する先を目やまつ毛などにつけないように気をつけることも大切です。
また、術中の感染に関しては、イントラレーシックのほうがずっと確率が低くなります。





目的で探す
会社別ランキング

レーシック手術を申し込むのにあたり、
気になるポイントを確認していきましょう。

分かりやすく見やすく、各医院のポイントをまとめてみました。


無料資料請求 無料資料請求
無料資料請求 無料資料請求